「自己保身社会」の現実

自分の“過大評価”をやめれば別の世界が見えてくる

編集部
  • 文字
  • 印刷
精神科医の片田珠美さん=2019年3月22日、川村彰撮影
精神科医の片田珠美さん=2019年3月22日、川村彰撮影

「嫉妬と羨望」精神科医・片田珠美さんに聞く(4)

 「嫉妬や羨望(せんぼう)」から生まれるエネルギーは、ネットでの他者攻撃といった悪い方向に向かいがちです。どうすればいい方向に働かせることができるのでしょうか。精神科医・片田珠美さんのインタビューの最終回をお届けします。【聞き手は経済プレミア編集部、今沢真】

 ――他人に「嫉妬や羨望」を感じたときに、自分もそうなりたいと努力する人がいる一方で、落ち込んだり攻…

この記事は有料記事です。

残り1442文字(全文1645文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz