藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

バングラデシュ・ダッカ 史跡のない街をひたすら歩く

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
機関車の上や屋根の上にも大勢を乗せたダッカの列車(写真は筆者撮影)
機関車の上や屋根の上にも大勢を乗せたダッカの列車(写真は筆者撮影)

バングラデシュ・ダッカ編(2)

 そこもかしこも渋滞に埋まる混沌(こんとん)の大都市、バングラデシュの首都ダッカ。タクシーに1時間半近く乗った末、目指したのとはまったく方向の違う場所で、進まない車に見切りをつけて降りた筆者。ここはいったいどこなのか。

地図とにらめっこして現在位置を探る

 ダッカ訪問から3年以上を経た今なら、バングラデシュでも、携帯電話のデータ定額サービスが使える。スマホで現在位置やホテルまでの距離を調べるのは容易だ。だが訪問当時(2016年1月)に回線利用で同じことをすれば、数万円の電話料金請求書がきただろう。

 現在位置がわからずとも、タクシーをつかまえれば行きたいところに行けるが、見渡す限り空車のタクシーや…

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文3089文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外105カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。