知ってトクするモバイルライフ

モトローラ新スマホ「ファーウェイ排除」で追い風?

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
モトローラが発売した「moto g7」シリーズ
モトローラが発売した「moto g7」シリーズ

 レノボ傘下のモトローラ・モビリティは6月7日、スマートフォン「moto g7」シリーズの3機種を発売した。3機種ともSIMフリースマホで、家電量販店や格安スマホ事業者を通じて販売される。

格安スマホ市場で主力の価格帯

 「moto g7」は、薄型のガラスを使った本体に二つのカメラを備えたスマホで、ディスプレーも6.2型と大きい。価格は3万800円。高機能モデルのような飛び抜けた機能は少ないが、価格と機能性、デザインのバランスを取った端末といえる。

 この「moto g7」をベースに、バッテリーを3000ミリアンペア時から5000ミリアンペア時に増…

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1583文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。