キャリアセンター ここだけの話!?

内定辞退「電話でおわびか訪問か」キャリセンの指導は

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷
 
 

 今年が最後になる経団連の就職活動のルールに従えば、大学4年生の6月1日が選考(面接)の解禁日だが、新聞やテレビのニュースでは「内定率は5割以上」「すでに就活は終盤」といった見出しがおどっている。

 あらかじめ何度か「面談」(ルールを意識してか「面接」ではなく「面談」と呼ぶ企業が多い)を行ったうえで、6月1日は形式的な面接を行って、その場で「内定」を通知するケースもあったようだ。

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1259文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。