MRJが世界を飛ぶ日

MRJ「スペースジェット」に名称変更やまれぬ事情

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
水谷久和・三菱航空機社長
水谷久和・三菱航空機社長

 三菱航空機が国産初のジェット旅客機として開発中の「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を「スペースジェット」に名称を変え、座席数が少ないモデルの開発を急ぐことになった。6月17日からフランスのパリ郊外のルブールジェ空港で開かれるパリ航空ショーに参加するが、ここで新たなイメージを打ち出し、“背水の陣”で売り込みを図るのには、やむにやまれぬ事情がある。

 現在開発中のMRJは「90型」と呼ばれるもので、座席数は88席(標準仕様)。今回パリ航空ショーで新…

この記事は有料記事です。

残り1609文字(全文1835文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。