嫉妬をとめられない人

出世に必ずついて回る「男の嫉妬」は怖くて深刻

片田珠美・精神科医
  • 文字
  • 印刷
 
 

 「嫉妬」という漢字には、どちらも「女」偏がついているが、嫉妬は決して女性特有のものではない。むしろ男性の嫉妬のほうが怖いという声もあるぐらいだ。とくにビジネスシーンでの男の嫉妬は出世に絡むこともあり、深刻でもある。

 広告代理店に勤める30代前半の男性、Aさんは、同期で最初に課長に昇進した。その企業は早くから成果主義を取り入れたことで知られている。若いうちからやり手として有名だったAさんは、部下から慕われ、部下の意見を生かしたことで課のチームワークも良くなった。Aさんを取り立てた上司の部長も、活躍に満足しているようだった。

 Aさんが「壁」を感じはじめたのは、課長になって半年ほどたった頃である。まず、ある大手クライアントと…

この記事は有料記事です。

残り1184文字(全文1498文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

片田珠美

精神科医

 広島県生まれ。大阪大学医学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。パリ第8大学精神分析学部で学ぶ。精神科医として臨床に携わり、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究している。「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)、「高学歴モンスター」(小学館新書)など著書多数。