経済プレミア・トピックス

JAL初のエアバス大型機「A350」はこんな機体

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
燃費が大幅にアップしたエアバスA350
燃費が大幅にアップしたエアバスA350

 日本航空(JAL)は6月20日、新しく導入する新型機エアバスA350を羽田空港で公開した。9月1日から羽田-福岡線に就航する。

 A350は、現在運航している大型機・ボーイング777とほぼ同じ大きさで、この後継機の位置づけ。JALがエアバスの大型機を導入するのは初めてだ。2013年に当時の植木義晴社長(現会長)が決断して導入が決まった。

 会場であいさつした赤坂祐二社長は「A350はJALの新しいフラッグシップ(旗艦)として長く使ってい…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1223文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。