経済プレミアインタビュー

JAL機長が語る「エアバスA350はこんなにすごい」

編集部
  • 文字
  • 印刷
JALの濱和孝機長(エアバスA350のシミュレーター内で)=米田堅持撮影
JALの濱和孝機長(エアバスA350のシミュレーター内で)=米田堅持撮影

JAL「A350パイロット」濱和孝さんに聞く(1)

 日本航空(JAL)は9月からエアバスA350を運航する。JALがエアバスの大型機を運航するのは初めてだ。最初の便は9月1日の羽田-福岡線。運航の準備に当たっている濱和孝機長(53)に話を聞いた。【聞き手は経済プレミア編集部、平野純一】

エアバス本社でライセンス取得

 --A350の導入に向けて、今どのような仕事をしているのでしょうか。

 ◆濱和孝さん 私は先行してさまざまな訓練を受けましたので、現在は、後から入ってきたパイロットへの指…

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2046文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz