人生100年時代のライフ&マネー

金融庁報告書「2000万円」はおかしな数字なのか?

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

金融庁「2000万円不足」報告書の読み方(1)

 資産形成に関する金融庁報告書をきっかけに「年金不安」をめぐる議論が沸騰している。「老後資金が2000万円不足」という記述が批判を浴び、麻生太郎金融相は受け取り拒否という異例の対応に出た。政府は報告書を葬り去りたい考えだが、現役時代から老後の蓄えが重要であることはゆるぎない。報告書をたたき台に老後資金のあり方について考える。

この記事は有料記事です。

残り1595文字(全文1781文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。