経済プレミアインタビュー

JALのA350機長「羽田-福岡線を飛ぶのが楽しみ」

編集部
  • 文字
  • 印刷
JALの濱和孝機長(エアバスA350のシミュレーター内で)=米田堅持撮影
JALの濱和孝機長(エアバスA350のシミュレーター内で)=米田堅持撮影

JAL「A350パイロット」濱和孝さんに聞く(2)

 日本航空(JAL)は9月から羽田-福岡線でエアバスA350を運航する。導入の準備を進めているパイロットの濱和孝機長(53)に、A350の操縦に加えて、パイロットの仕事の重要さや趣味などを聞いた。【聞き手は経済プレミア編集部、平野純一】

「すごく燃費がよい機体」

 --9月1日の羽田-福岡線の運航開始まであと2カ月余りとなりました。

 ◆濱和孝さん 非常に楽しみです。私はこれまで、ボーイング747と777を操縦してきましたが、大型機…

この記事は有料記事です。

残り2014文字(全文2254文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz