カリスマ転落

「後継選びを加速」日産社長“中途半端”な総会答弁

編集部
  • 文字
  • 印刷
株主総会に臨む日産自動車の西川広人社長=日産自動車提供
株主総会に臨む日産自動車の西川広人社長=日産自動車提供

 日産自動車の定時株主総会が6月25日、横浜市西区の会議場施設「パシフィコ横浜」で開かれた。カルロス・ゴーン前会長の不正を受け、西川広人(さいかわ・ひろと)社長兼最高経営責任者(CEO)は「大変な心配をかけ、おわび申し上げる」と株主に陳謝した。

 西川社長は冒頭の事業報告のなかで自らの経営責任に触れ、仏ルノーとの提携安定化や業績回復といった「残された責任」を果たすとともに、「株主総会後に設置される指名委員会のもとで、後継体制の検討・準備を喫緊の課題として加速させていく」と述べた。

 西川社長に対しては、ゴーン前会長の報酬隠しや経営私物化を止められなかった責任を問う声が収まっていな…

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1162文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz