嫉妬をとめられない人

夫の職場不倫発覚!“逆上妻”が会社に乗り込んだわけ

片田珠美・精神科医
  • 文字
  • 印刷
 
 

 夫婦やパートナー間の嫉妬は愛憎が絡むだけに激化しやすい。パートナーの行動を束縛し、縛りつけようとする人に見られるのは、相手に対する愛情ではなく、「相手を支配していたい」という自分勝手な欲望である。

 ある40代の主婦は、年収が高くルックスもいい自分の夫が、部下の若い女性と不倫していることをつきとめた。彼女は夫の職場に怒鳴り込み、不倫相手の女性に「自分の夫を横取りした悪い女だ」とわめきたてた。

 慌てた夫は何とかその場を取り繕った。だが、不道徳をわびるどころか、自分に恥をかかせた妻に激怒した。…

この記事は有料記事です。

残り1424文字(全文1671文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

片田珠美

精神科医

 広島県生まれ。大阪大学医学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。パリ第8大学精神分析学部で学ぶ。精神科医として臨床に携わり、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究している。「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)、「高学歴モンスター」(小学館新書)など著書多数。