週刊エコノミスト・トップストーリー

「売れない貸せない」郊外ベッドタウンの空き家が深刻

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
庭木が生い茂る空き家(長嶋修氏撮影)
庭木が生い茂る空き家(長嶋修氏撮影)

 深刻化する空き家問題。いったん所有すると放置するわけにもいかない。固定資産税、保険料、管理費……など、すべてが「負動産」化してしまう恐れがある。週刊エコノミスト7月9日号の巻頭特集「みんな空き家で悩んでる」より、長嶋修・さくら事務所会長のリポートをダイジェストでお届けする。

駅から徒歩7分以内でないと…

 圧倒的な住宅不足だった戦後の高度経済成長期。東京のビジネス中心部である大手町、丸の内、新宿、渋谷など山手線沿線から30~40キロ、ドア・ツー・ドアで1時間~1時間半といった都市郊外のいわゆる「ベッドタウン」では、主に1970年代以降大量の宅地開発が行われた。一斉に入居したのは47~49年生まれの団塊世代を中心とした人口ボリュームゾーン。当時は「夫婦に子ども2人」の典型的な核家族形態が主流だった。

 あの時代からおよそ50年が経過し、駅前や駅近など利便性の高いエリアを除く地域では、建物の老朽化とと…

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2490文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。