職場のストレス・マネジメント術

人前で話すのが恐怖の「社交不安症」社員をどうするか

舟木彩乃・心理カウンセラー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 今回は「社交不安症」という病気で困っている入社2年目の社員の事例についてお話しします。

 安藤さん(仮名、20代前半・女性)は、不動産会社のマーケティング部に所属する入社2年目の社員です。この会社では、一つの物件につき、営業、建築、法務、マーケティング、デザインチームなどそれぞれの部署から社員1~2人が選ばれ担当者となり、物件ごとにチームを作って仕事をしています。1物件のチームは平均10人程度です。

 マーケティング部の普段の仕事はデータ調査や入力などの地味な作業がほとんどで、安藤さんの性(しょう)…

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1749文字)

舟木彩乃

心理カウンセラー

 筑波大学大学院修士課程修了。カウンセラーとして8000人以上、コンサルタントとして100社を超える企業の相談に対応。一般企業の人事部などを経て、現在筑波大学大学院ヒューマン・ケア科学専攻(3年制博士課程/ストレス・マネジメント領域)に在籍。国家資格として精神保健福祉士、第1種衛生管理者、キャリアコンサルタントなど保有。著書に「『首尾一貫感覚』で心を強くする」(小学館新書)。