食の情報ウソ・ホント

健康増進と思っても要注意「サプリ」原材料のリスク

小島正美・「食生活ジャーナリストの会」代表
  • 文字
  • 印刷
 
 

 健康増進をうたう「サプリメント(栄養補助食品)」。一般に危険なイメージは持ちにくいだろうが、専門家の見方は違う。サプリメントは食品であっても、機能性成分を凝縮させているため、人の健康への影響度は格段に大きいからだ。

厚労省専門家会議が「特別の注意」

 厚生労働省の専門家会議は5月下旬、サプリメントに使われる四つの原材料について「特別の注意を要する」との判断を示した。これは、メディアでほとんど報じられていない。

 結論から先に言おう。四つとは、プエラリア・ミリフィカ(和名も同じ)▽ブラックコホシュ(和名アメリカ…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1319文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小島正美

「食生活ジャーナリストの会」代表

 1951年愛知県犬山市生まれ。愛知県立大学卒業後、毎日新聞社入社。松本支局などを経て、東京本社・生活報道部で主に食の安全、健康・医療問題を担当。「食」をテーマとして活動するジャーナリスト集団「食生活ジャーナリストの会」代表。著書多数。