ニッポン金融ウラの裏

ノルマをやめない銀行の経営者は「裸の王様」だ

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 銀行業界では営業ノルマを廃止する「脱ノルマ」の動きがようやく本格化してきた。しかし、その一方で「ノルマを廃止すると、投資信託の販売や、融資の実績が落ちるのではないか」と懸念する声も少なくない。私は「ノルマはやめるべきだ」と繰り返し強調してきた。ここで改めて、ノルマをやめないと銀行が「滅亡」する理由を指摘したい。

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1464文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。