人生に必要な「おカネの設計」

40歳自営業夫婦が「年金額」をグンと増やす三つの方法

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 老後不安を解消するためには、現役時代から計画的に貯蓄していくことが大切です。しかし、国民年金に加入する自営業者の場合、受給できるのは老齢基礎年金だけで、満額で年約78万円。夫婦ともに自営業であれば、2人で月約13万円です。夫婦ともに40歳で自営業者のケースで人生の資金計画を考えてみます。

自営業はより多くの貯蓄を

 A郎さん(40)はフリーランスのイラストレーターです。妻のB代さん(40)もフリーランスとしてウェブ関連の仕事を請け負っています。10歳の子供が1人います。2人とも大学卒業後は自営業者として国民年金に加入していますが、学生時代は保険料を支払っていませんでした。

 A郎さん夫婦の必要貯蓄額を「人生設計の基本公式」を使って求めてみましょう(本欄2018年5月24日…

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1629文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。