経済記者「一線リポート」

IWC脱退「31年ぶり再開」商業捕鯨は成り立つか?

土屋渓・毎日新聞経済部記者
  • 文字
  • 印刷
商業捕鯨が再開し、小型捕鯨船に乗せられたミンククジラ=北海道釧路市で7月1日、貝塚太一撮影
商業捕鯨が再開し、小型捕鯨船に乗せられたミンククジラ=北海道釧路市で7月1日、貝塚太一撮影

 日本の商業捕鯨が7月1日、31年ぶりに再開された。北海道の釧路港と、山口県の下関港から捕鯨船が出航し、釧路港ではミンククジラ2頭が水揚げされた。漁業関係者や一部の政治家は捕鯨復活を訴えるが、消費者の関心は低い。補助金頼みの体質から抜け出し、商業捕鯨を長期的に続けられるのか。関係者にとっては、期待とともに不安の大きい船出となった。

 国際捕鯨委員会(IWC)は1982年、資源の枯渇が懸念されるとして、商業捕鯨の一時停止を採択。日本…

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1443文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

土屋渓

毎日新聞経済部記者

 1977年、ドバイ生まれ。2002年早稲田大法学部卒、毎日新聞社入社。水戸支局、東京本社学芸部などを経て14年から経済部。証券業界、日銀を担当。16~17年は大阪本社経済部で電機メーカーなどを取材。18年に東京経済部に戻り、19年5月から通商問題や国内産業、エネルギー、農業などの関係省庁を束ねる経済産業グループのキャップ。