名家のルーツ

清水エスパルスも傘下 物流の雄「鈴与」の多角化経営

森岡浩・姓氏研究家
  • 文字
  • 印刷
声援を送る清水エスパルスのサポーター=2017年4月1日、早川夏穂撮影
声援を送る清水エスパルスのサポーター=2017年4月1日、早川夏穂撮影

 静岡市清水区に本社を置く鈴与ホールディングス(HD)は、BtoB(企業間)の物流を手がける「鈴与」を中核に、現在140社に及ぶ企業グループを形成している。鈴与は、創業200年を超す物流業界きっての老舗の一つだ。鈴与HDは、Jリーグの清水エスパルスの運営会社を傘下に置き、選手のユニホームの胸には「SUZUYO」のロゴが入っている。サッカーファンの間ではなじみがあるだろう。

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1501文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

森岡浩

姓氏研究家

1961年、高知県生まれ。早稲田大学在学中に独学で姓氏研究を始める。文献調査やフィールドワーク、統計を用いた実証的手法を用いる。2017年4月からNHK「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!」に出演。著書、多数。