地域活性化の挑戦者たち

下請け印刷会社が「シェアオフィス開業」で得た開発力

櫻田弘文・クエストリー代表取締役
  • 文字
  • 印刷
シェアオフィスを利用するクリエーターらと打ち合わせをする有薗悦克さん=筆者提供
シェアオフィスを利用するクリエーターらと打ち合わせをする有薗悦克さん=筆者提供

 東京都墨田区に2015年に開業したクリエーター専用のシェアオフィスで、クリエーターと町工場が連携し、新商品が次々と生まれている。このシェアオフィス「co-lab墨田亀沢:re-printing」を運営するのが、1967年に墨田区で創業した印刷会社サンコーだ。同社3代目の有薗悦克(よしかつ)社長(44)が家業の窮地を乗り切るために始めた。

この記事は有料記事です。

残り1711文字(全文1881文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

櫻田弘文

クエストリー代表取締役

1955年山梨県生まれ。日本大学卒業後、78年に販売促進の企画・制作会社に入社。2001年、クエストリーを設立して独立。中小企業経営者向けの「クエストリー・ブランディングクラブ」を主宰する他、数多くの専門店や飲食店のブランディングを実践的に指導している。