経済記者「一線リポート」

「放言でも笑い誘う」不思議だったトランプ米大統領

竹下理子・毎日新聞経済部記者
  • 文字
  • 印刷
記者会見で雄弁に語るトランプ米大統領=大阪市で6月29日、竹下理子撮影
記者会見で雄弁に語るトランプ米大統領=大阪市で6月29日、竹下理子撮影

 トランプ米大統領はエンターテイナーのようだった。6月29日、大阪市で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)後の大統領の記者会見に初めて参加し、不思議な感覚になった。トランプ氏は米国第一主義で、公然と差別発言を繰り返す。放言に怒りが込み上げてくるのに、時折入るジョークに笑わされたからだ。

 「みなさま、米国大統領、ドナルド・トランプ氏の入場です!」。大阪市内のホテルの会見場で、ふいにイベ…

この記事は有料記事です。

残り1464文字(全文1667文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

竹下理子

毎日新聞経済部記者

1988年長崎市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。2013年毎日新聞入社。大津支局、広島支局を経て、18年東京経済部。19年6月から財務省を担当している。