経済プレミア・トピックス

80年代に浸る大人の時間 新宿「ジャンプ酒場」の夜

川村彰・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 「おとなのジャンプ酒場」という名の居酒屋が7月11日、東京・新宿の歌舞伎町に登場した。「来たれ!! 80年代ジャンプ読者!!」と銘打たれ、週刊少年ジャンプ(集英社)の黄金期を支えた「キン肉マン」「DRAGON BALL」「北斗の拳」などのコラボメニューが並ぶ。1980年代をジャンプと生きた45歳の筆者が、さっそく現地に赴きタイムスリップしてきた。

 「おとなのジャンプ酒場」は、かつて新宿コマ劇場があった場所からほど近い雑居ビルにある。エレベーターに乗り、お目当ての5階で扉が開くと、いきなりケンシロウ(北斗の拳)の壁紙が目に飛び込んできた。テレビアニメ版でケンシロウの声を務めた神谷明氏の「あたたた!!」という甲高い声が脳裏によみがえる。「北斗百裂拳」だ。80年代の小中学校の教室では、これをまねする同級生が必ず一人はいたはずだ。

この記事は有料記事です。

残り1584文字(全文1951文字)

川村彰

経済プレミア編集部

1974年静岡県生まれ。広告記事等のフリーライターを経て、2015年4月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。