辻野晃一郎の「世界と闘え」

中国から逆輸入「QRコード決済」FeliCaと競合の皮肉

辻野晃一郎・アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO
  • 文字
  • 印刷
 
 

 コンビニ最大手セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、7月1日から全国のセブンイレブン店舗で、スマホ決済サービス「7pay(セブンペイ)」を開始したものの、たちどころに犯罪集団の餌食となった。日本で発明されたQRコードが中国におけるスマホ決済手段の決め手となり爆発的に広まったことは発明者も想定外だったという。スマホ決済の一つとして逆輸入されたQRコード決済は日本で普及するのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1639文字(全文1834文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

辻野晃一郎

アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO

1957年福岡県生まれ。84年、慶応義塾大学大学院工学研究科を修了し、ソニー入社。VAIOなどの事業責任者、カンパニープレジデントを歴任。2007年、グーグルに入社し、その後、グーグル日本法人代表取締役社長に就任。10年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を創業。著書に「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」(新潮社)、「リーダーになる勇気」(日本実業出版社)、「『出る杭』は伸ばせ! なぜ日本からグーグルは生まれないのか?」(文芸春秋)などがある。