食の情報ウソ・ホント

週刊誌の「危ない!発がん性食品」に踊らされない知識

小島正美・「食生活ジャーナリストの会」代表
  • 文字
  • 印刷
 
 

 「あなたの食卓に発がん性物質があふれています」。そんな言葉が週刊誌にしばしば登場する。「発がん性」という言葉にドキッとして、そうした食品を避けたくなるのが消費者の気持ちだろうが、実は「発がん性=危険」とは限らない。不安に踊らされないための基本知識を持っておきたい。

報道でハム・ソーセージが売り上げ減

 ちょっと古い話になるが、2015年10月、世界保健機関(WHO)の研究組織である国際がん研究機関(IARC)が、ハム・ソーセージなどの加工肉を「発がん性ありのグループ1」、牛や豚などの肉類(レッドミート、鶏肉は除く)を「おそらく発がん性ありのグループ2A」にすると発表した。これを受けて、新聞やテレビの多くは「発がん性分類の5段階で危険度が一番高いハム・ソーセージ」とか「5段階でリスクが一番高いハム・ソーセージ」と報じた。

 危険度やリスクが一番高いと聞けば、だれだって不安になる。案の定、流通最大手イオンでは、その年のお歳…

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1440文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小島正美

「食生活ジャーナリストの会」代表

 1951年愛知県犬山市生まれ。愛知県立大学卒業後、毎日新聞社入社。松本支局などを経て、東京本社・生活報道部で主に食の安全、健康・医療問題を担当。「食」をテーマとして活動するジャーナリスト集団「食生活ジャーナリストの会」代表。著書多数。