嫉妬をとめられない人

診断「自己愛性人格障害」あなたはいくつあてはまる?

片田珠美・精神科医
  • 文字
  • 印刷
 
 

 嫉妬ともっとも深い関係があると思われるのが「自己愛の強い人」だ。「自己愛」とは、自分自身への独りよがりな陶酔だ。自分のことばかり気にする人や、好き嫌いの激しい人、自分の非をなかなか認めようとしない人、言い訳ばかりする人も、ある意味で自己愛が強いと言える。

 この自己愛がふくらみすぎて、等身大の自分を受け入れることができず、自分は優れていて特別で偉大な存在でなければならないと思い込むのが「自己愛性人格障害」だ。

 米国の精神医学会が作成した自己愛性人格障害の診断基準を見ると、嫉妬深い人の特徴といってもいいぐらい…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1076文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

片田珠美

精神科医

 広島県生まれ。大阪大学医学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。パリ第8大学精神分析学部で学ぶ。精神科医として臨床に携わり、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究している。「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)、「高学歴モンスター」(小学館新書)など著書多数。