ニッポン金融ウラの裏

「タダのサービスはない」グローバル金融市場の新潮流

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 誰もが名前を知っている日本の製造業のトップ企業のIR活動で昨年、思わぬ異変が起きた。IRは「インベスター・リレーションズ」の略で、「投資家への情報発信」のことだ。この企業の経営者が例年どおり欧州の機関投資家を訪問し、IR説明会を行おうとしたが、なかなかアポイントが入らず、アポ入れに苦戦を強いられたというのだ。

 実は、欧州のIR活動でこうした苦い経験をしている日本の大企業は少なくない。その背景にあるのが欧州連…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1236文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。