嫉妬をとめられない人

負の感情にとらわれて「怪文書」を出したくなる人々

片田珠美・精神科医
  • 文字
  • 印刷
 
 

 メンバーが互いに疑心暗鬼になり、権謀術数が横行する組織にしばしば見られるのが、「内部告発」「意見書」「怪文書」の類いである。

 ある著名なメーカーで、世襲経営者が名経営者を煙たがり、追い出すという権力争いがあった。その最中に、世襲経営者の非を暴く匿名の「怪文書」がばらまかれたことがあったという。それは出入り業者との私的な癒着を暴く内容だった。

 匿名でばらまかれる「怪文書」は、単に声を上げるだけではもみ消されてしまう可能性が高いとき、組織内部…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1100文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

片田珠美

精神科医

 広島県生まれ。大阪大学医学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。パリ第8大学精神分析学部で学ぶ。精神科医として臨床に携わり、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究している。「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)、「高学歴モンスター」(小学館新書)など著書多数。