メディア万華鏡

芸術かヘイトか?「表現の不自由展」もメディアの分断

山田道子・毎日新聞紙面審査委員
  • 文字
  • 印刷
中止になった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に展示されていた「平和の少女像」(右)などの作品=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年7月31日、大西岳彦撮影
中止になった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に展示されていた「平和の少女像」(右)などの作品=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年7月31日、大西岳彦撮影

 映画「新聞記者」評同様、“分断”が気になっていた。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元従軍慰安婦を題材とする「平和の少女像」などを展示した企画展「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれた問題。毎日、朝日、東京新聞は「表現の自由の問題だ」と大きく多角的に伝えた。日経新聞は「公的な資金が入った芸術祭でも、国や行政の意見を表明するために存在するわけではない」などとする識者談話を加えた記事「表現の自由巡り波紋」を8月6日朝刊に載せた。一方、読売、産経新聞は事実関係を淡々と報じた。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1637文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。