東芝問題リポート

東芝が四半期で1400億円もの赤字を出した三つの理由

編集部
  • 文字
  • 印刷
東芝本社で行われた2019年4~6月期決算発表=東京都港区で2019年8月7日、今沢真撮影
東芝本社で行われた2019年4~6月期決算発表=東京都港区で2019年8月7日、今沢真撮影

 東芝は8月7日、2019年4~6月期連結決算を発表した。本業の営業損益は78億円の黒字だったが、営業外損失が膨らみ、最終(当期)損益が1402億円の赤字となった。4~6月期としては15年以来、4年ぶりの最終赤字だった。

 赤字となった理由は三つある。一つは撤退を決めた米液化天然ガス(LNG)事業の売却を見込んで損失引当金893億円を計上したこと。二つめは半導体市況の低迷で、4割を出資する東芝メモリホールディングスの業績が悪化し、出資比率に応じた損失381億円を計上したこと。そして三つめは、本業の利益が薄く、営業外で生じた損失を穴埋めできないことだ。詳しく説明する。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1252文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz