職場のトラブルどう防ぐ?

「最低賃金アップ」パートの待遇に悩む45歳人事部長

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷
 
 

 A夫さん(45)は、数店舗を展開する地場の老舗食品スーパーの人事部長です。会社で働く多くのパート社員は店舗運営に欠かせない戦力で、パートの処遇改善に努めていますが、一方でここ数年の最低賃金の引き上げで、3年前に導入したパートのキャリアアップ制度の運用に頭を悩ませています。

3年前に導入したキャリアアップ制度

 会社は3年前にパートのキャリアアップ制度を導入しました。在職年数だけでなく役割や能力に応じて昇給する仕組みで、半年ごとに上司と面談して昇給査定を行います。

 それまでは明確な昇給基準がありませんでした。売り場責任者の裁量にゆだねられ、人事部は昇給の推薦があ…

この記事は有料記事です。

残り1600文字(全文1882文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/