サイバー攻撃の脅威

サイバー犯罪の犯人が狙う「防御が手薄な企業」

松原実穂子・NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 中小企業は国内企業の99.7%を占め、日本のものづくりの技術力を支えている。パソコンやウェブサイトを活用した情報発信のほか、会計や調達関連のITツールの導入による生産性向上に取り組んでいる中小企業も多い。だが、中小企業のサイバーセキュリティー対策は遅れていると言わざるをえない。

 大阪商工会議所が2017年3~6月に、会員の中小企業などを対象にアンケートしたところ、セキュリティーに関して専任の担当者を置いているのはわずか4%で、担当者を決めていない会社が50%に達した。

 年間のセキュリティー予算が50万円以下という回答が8割。「セキュリティー対策が十分でない」と自覚す…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1213文字)

松原実穂子

NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト

早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務。フルブライト奨学金により米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)研究員などを経て現職。国内外で政府、シンクタンクとの意見交換やブログ、カンファレンスを通じた情報発信と提言に取り組む。