メディア万華鏡

雅子さまと一緒に笑いたい「均等法世代」の女性たち

山田道子・毎日新聞紙面審査委員
  • 文字
  • 印刷
宮中晩さん会でトランプ米大統領と歓談される皇后雅子さま=皇居・宮殿「豊明殿」で2019年5月27日、代表撮影
宮中晩さん会でトランプ米大統領と歓談される皇后雅子さま=皇居・宮殿「豊明殿」で2019年5月27日、代表撮影

 「雅子さまはあなたと一緒に泣いている」が戻ってきた。要するに、皇后雅子さまと同じ男女雇用機会均等法第1世代の女性たちが自らの人生と雅子さまの人生を重ね合わせたりする報道のこと。

 上皇陛下が天皇退位の意向を表明したのは2016年の夏。その秋にこのコラムで、「一緒に泣いている」報道がめっきり少なくなり、均等法第1世代の女性が「雅子皇后」をどう受け止めているかを真正面から取り上げた記事がないと書いた。そして、雅子さまは一緒に泣く存在ではなくなってしまったのかと問うたけれど、そうではなかったようだ。

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1621文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。