クルマ最新事情

テスラ量産EVと日産リーフの「電池の違い」

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
急速充電のため東名高速の足柄サービスエリアに到着したテスラモデル3=静岡県御殿場市で8月6日、川口雅浩撮影
急速充電のため東名高速の足柄サービスエリアに到着したテスラモデル3=静岡県御殿場市で8月6日、川口雅浩撮影

米テスラで「新東名」試走(2)

 米国の電気自動車(EV)メーカー「テスラ」の最新EV「モデル3」と「日産リーフ」の最大の違いは、テスラにはリチウムイオン電池の温度を調節するバッテリークーラーとヒーターがあることだ。高速走行後は温度の上がった電池を冷やし、冬は温めることで充電時間が短くなるほか、電池の経年劣化も少なくなるという。

 バッテリークーラーのないリーフとテスラの違いを確かめるため、私は前回のリーフとほぼ同じ新東名高速道…

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1624文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部