マンション・住宅最前線

駅近・割安で人気「木造3階建て」欠点は“上下移動”

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 “高層一戸建て”とは、「木造3階建て住宅」に付けた私の造語。一般的な一戸建て(2階建てが主流)より、1フロア分、背の高い戸建て住宅だ。タワーマンション=タワマンに対して、タワー戸建て=タワコと言ってもよいかもしれない。

マンションより割安

 タワマンは、限られた広さの土地により多くの住戸をつくることができ、駅に近いなど便利な場所に建設される。これはタワコも同様だ。敷地をめいっぱい使い、3階建てを建設できるのは、駅に近い「商業地域」や「近隣商業地域」が適正地となるからだ。

 一方で、不自由を強いられる部分がある。たとえば、お隣さんと密接するケースが多く、外壁の修繕などで苦…

この記事は有料記事です。

残り1678文字(全文1964文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。