ニッポン金融ウラの裏

「マネロン審査対象はどの会社?」戦々恐々の金融業界

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 金融業界では、9月に入り戦々恐々としたムードが高まっている。マネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐために作られた国際的な組織である「金融活動作業部会」(FATF、本部・パリ)の第4次対日審査が近づいているからだ。今回は、個別の金融機関へのヒアリングが行われる。その対象に選ばれると厳しい審査を受けることになる。

 FATFは1989年にパリ郊外で開かれたアルシュ・サミットで、テロ資金や犯罪資金の撲滅を目指して設…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1128文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。