嫉妬をとめられない人

お腹の肉をつまんで笑いをとる女子校の“暗黙ルール”

片田珠美・精神科医
  • 文字
  • 印刷
 
 

 私の知り合いの60代後半の女性Fさんは、長年、夫の姉の攻撃に悩んできた。義姉は若い頃に離婚した後、夫の両親と同居し、ことあるごとに姑(しゅうとめ)と一緒になって、Fさんの家事や子育てのやり方に干渉し、嫌みや皮肉を言い続けてきたのだという。

 夫の両親が病気で入院したときには、義姉は、自分は働いているからとFさんに介護を押しつけた。「あなたは孫の面倒を見てもらったんだから、そのお返しをするのは当然でしょ」と言われたFさんは、パート勤務のあいまに、毎日病院に通った。

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1412文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

片田珠美

精神科医

 広島県生まれ。大阪大学医学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。パリ第8大学精神分析学部で学ぶ。精神科医として臨床に携わり、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究している。「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)、「高学歴モンスター」(小学館新書)など著書多数。