嫉妬をとめられない人

嫉妬されてしまったら「相手の不安」を考えてみる

片田珠美・精神科医
  • 文字
  • 印刷
 
 

 いざ誰かに嫉妬されてしまったら、どうすればいいだろうか。そのときは、まず彼らがなぜ嫉妬してくるのかをじっくり観察してみることである。

 嫉妬しやすい人や嫉妬深い人というのは、常に不安や恐怖を抱いていることが多い。幼少時に親から十分に愛されなかったとか、愛情を剥奪されたとか、重要なポジションを失ったという経験があると、また次もそういうことが起きるのではないかと不安になる。

 だからこそ彼らは、変化に対しておびえ、自分の権力や影響力が失われるのではないかとおびえ、大事な人に去られるのではないかとおびえるのである。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1064文字)

片田珠美

精神科医

 広島県生まれ。大阪大学医学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。パリ第8大学精神分析学部で学ぶ。精神科医として臨床に携わり、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究している。「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)、「高学歴モンスター」(小学館新書)など著書多数。