メディア万華鏡

進次郎氏と結ばれたクリステルさんは「銃後の妻」か?

山田道子・元サンデー毎日編集長
  • 文字
  • 印刷
記者団に結婚と妊娠を報告後、質問を聞きながら自民党の小泉進次郎衆院議員(左)を見る滝川クリステルさん=首相官邸で2019年8月7日、川田雅浩撮影
記者団に結婚と妊娠を報告後、質問を聞きながら自民党の小泉進次郎衆院議員(左)を見る滝川クリステルさん=首相官邸で2019年8月7日、川田雅浩撮影

 やはり、官邸での電撃的結婚発表にとどまらなかった、小泉進次郎劇場。8月31日、地元の神奈川県横須賀市で開いた子連れ参加OKの「0才からの活動報告会」で、父親となった際の育児休暇の取得について「率直に考えている」と語ったという。

 スポーツニッポンは9月1日朝刊で「進次郎氏 大臣とパパの両立意欲 入閣も育休も」と大きく伝え、テレビの情報番組も取り上げた。毎日新聞は9月2日朝刊に「小泉進次郎氏が 育休取得を検討」との記事を載せた。

 「いずれ首相とファーストレディーとしてここに来ます」と宣言せんばかりの8月7日の小泉衆院議員とフリーアナウンサーの滝川クリステルさんの結婚発表。テレビが生中継したこの発表には「おめでとう」の声があふれたが、週刊文春は8月29日号、9月5日号、同12日号と3週にわたり、小泉氏の女子アナ遍歴や合コン人脈を報じた。

 週刊新潮8月29日号は9月の内閣改造で入閣候補筆頭と言われる小泉氏は「本当に『総理の器』か」と問いかけた。「国を二分しそうな外交、安保、経済政策といった大テーマについては口を濁している感がありますね」「サーファーのようですよね。最終的に自分がどこへ向かっているかなどを考えずに、ただ波の上でかっこよくポーズを決めることにばかり終始している」とは、かつて小泉氏を「天才子役」と表した政治アナリストの伊…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1516文字)

山田道子

元サンデー毎日編集長

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞社入社。社会部、政治部、川崎支局長などを経て、2008年に総合週刊誌では日本で最も歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長、紙面審査委員。19年9月退社。