クルマ最新事情

テスラの量産EVと日産リーフどちらが電池長持ちか

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
東名高速のサービスエリアで新旧の日産リーフと並ぶテスラモデル3=静岡県御殿場市で8月6日、川口雅浩撮影
東名高速のサービスエリアで新旧の日産リーフと並ぶテスラモデル3=静岡県御殿場市で8月6日、川口雅浩撮影

米テスラで「新東名」試走(5)

 米国の電気自動車(EV)メーカー「テスラ」の最新EV「モデル3」はリチウムイオン電池の温度を調節するバッテリークーラーとヒーターを備え、充電時間を短縮し電池の経年劣化を抑えている。だが、装備していない「日産リーフ」と比べ、今回の試走でテスラに充電時間を短縮する目立った効果は感じられなかった。それならテスラは日産リーフより電池が長持ちするのだろうか。

 EVは高速道路や上り坂を長く走ると電池に負荷がかかり、高温となるため、充電しにくくなる。このためテ…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1480文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部