カリスマ転落

「報酬不正」発覚で日産・西川社長の命運は尽きたか?

編集部
  • 文字
  • 印刷
日産自動車の西川広人社長=2019年7月25日、梅村直承撮影
日産自動車の西川広人社長=2019年7月25日、梅村直承撮影

 日産自動車の西川(さいかわ)広人社長が、株価に連動する役員報酬制度について、社内規定に違反し不当に数千万円を上乗せして受け取っていたことが発覚した。日産の役員報酬をめぐっては、カルロス・ゴーン前会長が、将来受け取ることが決まっていた報酬を有価証券報告書に少なく記載していたとして昨年11月に逮捕された。西川社長は実際に不当な報酬を受け取っていたという。西川社長はどう責任を取るのだろうか。

 問題になっているのは、「ストック・アプリシエーション・ライト(SAR)」と呼ばれる報酬制度だ。自社…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1287文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz