カリスマ転落

「西川社長辞任」でも「取締役残留」日産のけじめは?

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見で自身の辞任について説明する日産自動車の西川広人社長=2019年9月9日、宮間俊樹撮影
記者会見で自身の辞任について説明する日産自動車の西川広人社長=2019年9月9日、宮間俊樹撮影

西川社長の辞任発表(1)

 日産自動車の西川(さいかわ)広人社長兼最高経営責任者(CEO)が、株価連動型の役員報酬を不当に上乗せして受け取った問題を受け、9月16日付で辞任することが決まった。だが、西川氏は社長兼CEOを辞任するが、取締役は辞任しないという。いったいどういう理由なのか。

 まず辞任発表の経過を振り返る。日産は9日午後、取締役会を開いた。そこで、西川社長の報酬問題を含め、カルロス・ゴーン前会長の逮捕・起訴からはじまった一連の不正に関する社内調査の結果が報告された。取締役会終了後、木村康・取締役会議長ら社外取締役4人が記者会見し、調査結果の概要と、西川社長の辞任を公表した。その後に西川社長が1人で辞任会見を行った。

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1268文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz