週刊エコノミスト・トップストーリー

人口減少とマイナス金利「地域金融」の生き残り方

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 人口減少に過疎化、日銀のマイナス金利が重なり、苦境にあえぐ地域金融。打つ手はないのか。週刊エコノミスト9月17日号「最新!信金ランキング」より、自民党の金融調査会会長の山本幸三衆議院議員と、地銀の資産運用などを手がけるオールニッポン・アセットマネジメントの竹内洋社長へのインタビューをお届けする。【聞き手=エコノミスト編集部・金山隆一、白鳥達哉】

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1727文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。