経済プレミアインタビュー

金子勝氏が警告「東京五輪後に地銀破綻の可能性も」

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
先端産業でイノベーションが必要と説く金子勝・立教大特任教授=東京都豊島区で、吉田航太撮影
先端産業でイノベーションが必要と説く金子勝・立教大特任教授=東京都豊島区で、吉田航太撮影

 混沌(こんとん)とする世界経済をテーマとする金子勝・立教大学特任教授へのインタビューは「日本の将来」に話が及んだ。金子氏は地方銀行の破綻に懸念を表明したほか、「日本はエネルギーや医療・福祉などでイノベーション(技術革新)を起こすべきだ」と主張した。【聞き手は経済プレミア編集長・川口雅浩】

 ――東京オリンピックを境に経済の潮目が変わるのでしょうか。

 ◆金子勝さん オリンピックが終わったら、商業用ビルは訪日外国人旅行者の需要が減るので、不動産の市況が悪くなるだろう。これまで大都市圏の商業地を中心に地価が上がり、地方都市にも波及してきたが、需要が途切れてしまうと、不動産に貸し込んだ地方銀行の破綻が起きかねない。

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1449文字)

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部