職場のトラブルどう防ぐ?

優秀な29歳営業マンが「スマホ」を置いて帰省した理由

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷
 
 

 A太さん(29)は、社員数約60人のコンサルティング会社の営業マンです。営業成績を上げるため、仕事とプライベートの区別なく迅速で誠実な対応を心がけていますが、顧客数が増え、深夜や休日にも対応に追われることになり、疲れ切っています。

「迅速で誠実な対応」で顧客の信頼獲得

 A太さんの業務は、顧客である飲食店の集客向上のためのコンサルティング契約を獲得することです。ウェブサイト構築やウェブ媒体への広告掲載、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の情報発信の支援が主な内容です。当初は、新規開業の店に飛び込み営業をしていてなかなか結果に結びつきませんでした。しかし、会社の先輩に相談したり、自腹で社外の営業関連セミナーを受講したりして、営業のやり方を変えた結果、社内の成績優秀者の表彰を受けるまでになりました。

 A太さんのやり方は、地道に人とのつながりを増やすことと、インスタグラムなどのSNSで情報発信するこ…

この記事は有料記事です。

残り1684文字(全文2092文字)

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/