良い物をより高く売る経営

全然高速でない「新潟BRT」市民の評判が散々な理由

中村智彦・神戸国際大学教授
  • 文字
  • 印刷
新潟市が導入した連節バス=2019年8月、中村智彦撮影
新潟市が導入した連節バス=2019年8月、中村智彦撮影

 全国各地で連節バスを用いたバス高速輸送システム(BRT)の導入事例が増えている。新潟市もその一つで2015年に導入し、段階的に整備を進める予定だが、市民からの評判がどうにもよくない。実際に訪ねてみると多くの人が不満を口にしていた。新潟市では、BRT導入に伴うバス路線の変更で利用者が乗り換えを強いられたり、商業地の集客に影響が出たりしている。

この記事は有料記事です。

残り1897文字(全文2069文字)

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。