良い物をより高く売る経営

後戻りできない?「新潟BRT」おざなり導入で逆風

中村智彦・神戸国際大学教授
  • 文字
  • 印刷
新潟市の古くからの中心市街地・古町地区を通る連節バス=2019年8月、中村智彦撮影
新潟市の古くからの中心市街地・古町地区を通る連節バス=2019年8月、中村智彦撮影

 新潟市は、2015年に連節バスを用いたバス高速輸送システム(BRT)の運行を始めたが、市民からは反発が起きている(前回参照)。専用道路が整備されないままバス路線が変更されたことなどから厳しい目が向けられる。昨年の市長選では全候補者がBRTの見直しや廃止を公約に掲げる事態となった。新潟市の事例は、各地方都市が今後どのように公共交通機関を維持していくかを考える上で重要だ。

中心市街地で衰退に拍車?

 現在の新潟市には商業集積地が3カ所ある。JR新潟駅前地区と、駅の北西側でバスターミナルがあり商業地として勢いのある万代(ばんだい)地区、古くから中心市街地だった古町(ふるまち)地区だ。駅前から北西方向に各地区が隣接し、古町地区は駅から2キロ、徒歩30分ほどのところにある。

 古町地区の喫茶店店主は「BRTで古町の集客…

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1662文字)

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。