ニッポン金融ウラの裏

かんぽ生命不正「お粗末な調査票」背景に無責任経営

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
記者会見中、かんぽ生命保険の植平光彦社長(右)と言葉を交わす日本郵政の長門正貢社長=2019年9月30日、小川昌宏撮影
記者会見中、かんぽ生命保険の植平光彦社長(右)と言葉を交わす日本郵政の長門正貢社長=2019年9月30日、小川昌宏撮影

 かんぽ生命の不正な保険販売の発覚をきっかけとして、日本郵政グループのお粗末な危機管理が浮き彫りになっている。保険販売の無軌道ぶりもさることながら、長門正貢・日本郵政社長、植平光彦・かんぽ生命社長ら経営陣の対応が「無責任」としか思えないのだ。

 日本郵政グループは9月30日に記者会見を開き、かんぽ生命の契約調査の中間報告を公表した。

 その席上、「契約者15万6000人を対象に調査票を発送した」と説明した。そして、「このうち6万80…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1161文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。