人生に必要な「おカネの設計」

「定期預金で安心」といえない投信セットの割高手数料

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 専業主婦のA子さん(60)は、銀行の窓口で薦められた「投資信託セット定期」という定期預金(1年間)と投資信託がセットになった商品を数カ月前に買いました。しかし、しばらくして投資信託が元本割れしていることがわかり、私のところへ相談に来ました。

投資信託セット定期のカラクリ

 投資信託セット定期は、例えば定期預金と投資信託を同時に合計100万円など一定額以上申し込んだ場合に、定期預金の金利が優遇されます。A子さんは「通常、年0.01%の1年定期預金の金利が当初3カ月は特別金利年3%になる」と言われ、他の銀行に預けていた200万円を下ろし、100万円ずつ預け入れました。

 「特別金利年3%」といえば、一見お得に感じるでしょうが、この商品にはこんなカラクリがあります。定期預金に特別金利…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1749文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。