海外特派員リポート

気=かめはめ波?ロンドンで「奇妙な漢字」が大人気

三沢耕平・毎日新聞経済部編集委員(前ロンドン特派員)
  • 文字
  • 印刷
ロンドン伝統のタクシー「ブラックキャブ」の側面には日本のファッションブランドの広告がプリントされている=ロンドン市内で三沢耕平撮影
ロンドン伝統のタクシー「ブラックキャブ」の側面には日本のファッションブランドの広告がプリントされている=ロンドン市内で三沢耕平撮影

 英国ロンドンを「漢字」が席巻している。日本のクールな文字として、若者を中心にファッションのロゴや入れ墨(タトゥー)などにお気に入りの漢字を使うケースが目立つ。ただ、漢字の意味を理解していないのか、よく見ると明らかな誤用もあり、いっぷう変わったクールジャパンになっている。

 「気」。ロンドン郊外のスーパーでレジ待ちをしていたタラ・クロウィさん(30)の右肩には黒い文字で漢字のタトゥーが入っていた。国語辞典によると、「気」は「心の状態や働き」を意味する。だが、「魂のエネルギーを開放することだよ」とタラさん。どうやら鳥山明の人気マンガ「ドラゴンボール」に登場する「かめはめ波」のようなエネルギー砲をイメージして入れたようだ。

一番の人気は「愛」

 若者の約3割がタトゥーをしているといわれるロンドン。中心部にある人気のタトゥーショップに行くと、漢字や浮世絵をイメージしたサンプルが壁いっぱいに並んでい…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1518文字)

三沢耕平

毎日新聞経済部編集委員(前ロンドン特派員)

1972年千葉県生まれ。明治大学法学部卒。98年毎日新聞社入社。松本、甲府支局を経て、2004年から経済部で財務省、日銀、財界などを取材。政治部にも在籍し、首相官邸、自民党などを担当した。16年10月から欧州総局特派員。19年10月から経済部編集委員。