知ってトクするモバイルライフ

ワイモバイル「新料金プラン」300円値下げでデータ増

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ワイモバイル=東京都千代田区で2019年4月16日、曽根田和久撮影
ワイモバイル=東京都千代田区で2019年4月16日、曽根田和久撮影

 ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」は、10月1日に料金プランを改定。7日には、秋冬商戦用のアンドロイドスマホを4機種発表した。10月から携帯料金は、端末価格と通信料金を切り離す分離プランが義務づけられており、新料金はこれに対応。端末も、分離プラン時代に選ばれやすい低・中位機モデルを、戦略的に取りそろえた。

 新料金プランではいわゆる2年縛りを撤廃し、通信料金を引き下げ、利用できるデータ容量を増やしている。…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1524文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。